下総電鉄120形電車

昭和38年に日本国有鉄道より購入した車両であり、当時車両トラブルの多発し事故が多数発生した欠陥電車とも呼ばれたが下総電鉄は改良を加え安全性を向上した。平成22年までは印旛線にて定期運用入っていたが、赤字に伴い印旛線を民間へ売却し車両は今下総臼井・歴博前駅に留置されている。また現在は歴博前駅に懐かしの車両ということで横須賀色にカラーリングされている。